永富千晴

永富千晴/美容ジャーナリスト
女性誌の美容担当編集の経験を経て、ビューティコンサルティング事務所、(有)Jビューローを設立。2003年には、美容ジャーナリスト初の美容コミュニティサロン「club C.」をオープン。 現在は、各女性誌、インターネットなどで連載、プランニングのほか、イベント、ラジオなど多方面で、美容コメンテーターとしても活躍。

Search this site :
漢方煎じるマシーン
月末入稿や企画出し、原稿の戻しなのが重なって
画像処理をする時間がないので


自宅に入手した漢方マシーンをご紹介します。


↑ かなりベタですね


「銀座漢方診療所」で、処方していただいているのですが、
ここの櫻井先生、脈診のほかに、気をよんだりリーディングなどもできちゃう

摩訶不思議人間好きのあたしめにとっては
かなりのツボです。

漢方は煎じるのが面倒だから
続けきれない、という人も多いかと思うのですが、

この自動マシーンなら、手前のネジをまわして時間を調整。


放置プレーで

チーーーン


と呼び出し音がなるので、焦がすことなく、火事になることもなく
安心です。

(以前、蒸し器を2度焦がしたことがあるのでねぇ...

ちなみに、600ccのお水を300ccになるまで
煎じるのが目安。


目下、3週間目。

癇の虫がずいぶんおさまり、

リラックスしていこーーー!! と

都会でリゾート気分を満喫中。
(サマードレスをきて、ビーサンで歩く、というスタイル)


↑ お買い物中毒。
なんと、これはお洋服がひっかからない、ビニール製なのです。


あと、音楽がないとね。
気分がのらないの。

お買い物中毒ならぬ
雰囲気、いや、演出中毒か?!








 
東洋医療系 | - | -
ストーンディフューザー
 寒かったですね〜。

今日は、フラウの美人編集者Hさんと打ち合わせや
ananの敏腕ライターOさんからのインタビュー取材などの
お仕事が入っていたので

格好つけて、薄着で自宅をでたら

寒いことといったら!!


せっかく加納先生に電気を流してもらって
足首が軽やかに動くようになったというのに

このままでは、また固まってしまう....

と、大至急、表参道のナチュラルハウスでレッグウォーマを物色。


しかし、ブ厚そうな、レッグウォーマーしかなく、
仕方なし、アームウォーマーで代用することに。


でも、そのほうが足首にフィットして、よかったみたい。

たまには機転がきくものだ。よしよし。



↑ そこで見つけたストーンディフューザー。リップクリームぐらいの大きさ。


精油を数滴しみ込ませて持ち歩いたり
机におくと、かすかに香ります。


ストーンのお花は手作り感満載で
けして洗練された印象ではないのだけど

プチプライスだし、アイディアに惚れました。


そして、さきほど、やっーーーと、
連載をさせていただいているmicoの原稿を書き終えたので
これから自宅に帰りまーす。


ブルガリの展示会の報告もしたいのだけど・・・
それは明日にします!








↑ 沖縄久米島の「天然もずく」や空気に触れると色が変わる「海ぶどう」を
食べることにしよーっと。
東急本店の地下食料品売り場にて。7月にも販売しにくるって!


もずくは、生で食べてももちろんですが、
天ぷらで食べてもおいしかったですよ♬



そして、天然もずくにひっぱられたのか?
運良く
6月には沖縄に取材に行くことになりそうです。


楽しみ♬


ではみなさん、よい週末を!!







東洋医療系 | - | -
坂本整体
 しばらく、「会員限定ルーム」の更新に一生懸命になってしまってました。

4回も登竜門をくぐりぬけなくてはいけないから
新規の会員さんたちも大変だー!!!

でも、しがない事務所運営では
この仕組みが精一杯。

セキュリティとか、管理とか....

安全第一にがんばります。

でも、もう、90名の会員さまたちが
登録してくださっていて
感謝、感激
      ↑ おぉ。書けたー!!


「ごっくん美容なにしてる?」

「たるみケアなにしてる?」

のほか、

会員さんたちの「日記」が個性的で
めっちゃおもしろい!

「片思い美容」
を、提案する、女性の日記は

共感する部分いっぱいなのであります。

会員登録してくださっている3000名近くのみなさんが
入ってくださる、とは思っていないのですが

地道に楽しくコミュニケーションをして
300名ぐらいの方になるといいな、とは思います。

地道、大事。

そして地道、案外好きなんですわ。




ここのところ、制作の仕事も多く
(...といっても、チームで動かせていただいていますが)

夜中を回って、朝方までかかる
ということがしょっちゅう気味。

とはいえ、健康維持も仕事のひとつだから

駆け込みました

坂本整体!

事務所から小走りで3分ぐらいかなぁ。


「日頃から、小さい病気をする人の方が

長生きをする、といわれています。

その一方で、体の異常感に気づかず

無理を重ねると、一度にツケがまわって大病することがあります」


やばい。


「全身を読んで、相手の方の最も必要な急処に、

技術と気をもって活力を与え調律して体を整え.....」


必要な急処!!!

技術と気 !?!?


素敵〜

....ということで

全身を読んでいただきたいから

50分

と奮発 。(←また書けた!)

先生は、
なんだか、不思議な感じの男性で
こう、なんていうんでしょうね
秘めた強さがある感じ。

男性と一対1 というのは多少の抵抗感はあるものの

そこは、都会の女、

ひとりを怖がっていては
自立はない。


着替えはあちらに用意されているものを着るのですが、

トレーナー&スエットと靴下。


しかも、トレーナーを、スエットの「中」にいれてください、と。

なぜ、なぜなのぉぉぉ

100年の恋も冷めるような
姿で、先生、よろしくお願いいたします
と、ご挨拶。

目をみれません。

でも、靴下を用意してくださっているのは
大変ありがたかったです。

だって、臭いと申し訳ないもの。

ね。

ということで

カウンセリングの後、50分みっちりの施術は

先生の気が送られているせいか

はっきりいって

ものすごい心地よく

そして、紙に書いてあった通りの、急処を的確に
おさえていくので

いたくもあり

で、

このうつらうつら、どこにいるのか全然わからなくなっちゃうような

リラックス感は、久々だなぁ、と。

体が素直に先生のいう事を聞いている

そんな感じで、

まいりました。

そっこう、次の予約いれました。

整体も、クリニック、サロンもそうだけど

気があうかも、と思ったら

数回通わないと、本当の結果が見えてこない、と思っている。


これって、男性とのおつきあいと一緒なのかもね









東洋医療系 | - | -

コピーライト