永富千晴

永富千晴/美容ジャーナリスト
女性誌の美容担当編集の経験を経て、ビューティコンサルティング事務所、(有)Jビューローを設立。2003年には、美容ジャーナリスト初の美容コミュニティサロン「club C.」をオープン。 現在は、各女性誌、インターネットなどで連載、プランニングのほか、イベント、ラジオなど多方面で、美容コメンテーターとしても活躍。

Search this site :
パティシエ&シェフ感覚
 
あら、てんてん、おはよう!!

ちょいとご不満気味。朝ごはんも食べないから、またお腹いたいのかなぁ。

女の子中の女の子の扱いは難しい。

まぁ、甘い物でも!!とは、なかなかいかないけれど、

世の中的には、スイーツのパティシエさんが注目ですね。


さぁ、これをてんてんの肉球に・・・

「ローラ メルシエ」のハンドクリーム(アーモンド)は

コスメ界のパティシエが作ったのでは??と思わせるぐらい
スイーツ系。

KOBAKO nailsの爪に栄養を与えるエッセンス、これが、固くて厚みがでがちな
爪脇の皮膚が柔らかくなるので、エッセンス使ってから、このハンドクリーム塗ると
つめ脇がほんとにしっとり柔らかくなって、持ちがいい。
オイルの塗る回数がなかなか減らないので、ちょいとトライしてみたら、あたり!

てんてんも、甘い香りで癒されてくれたかな?


そして、「ラッシュ」から「ラッシュ フレッシュキッチン」という
本が届きました。
こちらは、一流シェフの簡単レシピ本。

「beauty tips」というちょろっとしたスペースのコラム欄で
主材料の栄養や効能の説明。
そこで使われている材料がラッシュの化粧品と見事にリンク。

思わず見ちゃう、作っちゃう、知識が増えちゃう、買っちゃう、という魔力。
うまい!!

参加シェフは、
ヒロ田中さん(銀座・ヒロソフィー)
山下春幸さん(六本木・HAL YAMASHITA東京)
柿沢安耶さん(中目黒・パティスリーボタジェ)
茂出木浩司さん(日本橋・たいめいけん)
陳建太郎さん(赤坂・四川飯店)

¥600円で発売中。


で、これは、漢方レシピを応用した化粧品ブランド「KAGAE」さん。

韓方コスメは、ばりばり朝鮮人参の香りがしたりしますが
KAGAEさんは、フレッシュ漢方って感じで、癒し系。
ボディローション、みずみずしさの不足しているときにぴったり。


コスメと料理、スイーツって、まったく違う分野ではあるけれど、
材料にこだわったり、おいしい材料をつかって、見た目も、香りも楽しめるし。
コスメは、外側から肌をおいしくする、という意味もあるから、
共通点はけっこうあるんだけどな。


あーーー、なんだか、お腹すいてきました。



スキンケア | - | -

コピーライト