永富千晴

永富千晴/美容ジャーナリスト
女性誌の美容担当編集の経験を経て、ビューティコンサルティング事務所、(有)Jビューローを設立。2003年には、美容ジャーナリスト初の美容コミュニティサロン「club C.」をオープン。 現在は、各女性誌、インターネットなどで連載、プランニングのほか、イベント、ラジオなど多方面で、美容コメンテーターとしても活躍。

Search this site :
ポーチの中身診断 その1
しばらくぶりのブログ更新になってしまいました。

本日は、

ポーチの中身からその人となりを勝手に探ってみよう〜!

ということで現在発売中の「KOBAKO限定ポーチ」(Mサイズ)の所有者に
協力いただきました〜。


まず、KOBAKOブランドマネージャーのKさん。

 
リップもアイラッシュカーラーもチークも
ピンク、ピンク、ピンク!!
しかも、かなりスイートな女の子カラー。

お守りまで、ピンクと、超ラブリー

彼女のメークの特徴は、きわめてナチュラル。
メークのポイントは、唇です。

これだけ見ると、”携帯もキラキラで、ネイルもキラキラ!”スカートとか
ワンピースとか着て、クロエやランバン、YSLのベビードール
とかつけていそうな人物像があがってきそうだけど・・・・

本人、下手なおじさんより、頼りがいのある
超姉御

”みんな、あたしがごちそうしてやるから、ついておいで〜!”
という姿が似合うタイプ。
(正しくは、ごちそうしてやっから、という発音)

名付けて、

知ってみたら、違った。
隠れかわいい派。
男性諸君は、彼女のプリティな面を探しあてたところで
ぐっときちゃうんでしょうね〜
女はギャップ、といいますが、
見た目と中身のギャップ、ここまであると
わかりにくいとも言う。

でも、きっと本人。
そんな全員にわからなくて結構。

と言いそう。

まーねー。ほんとにそうですが。

ちなみに、ディオールのグロス型リップトリートメントは、
唇がボワっとボリュームアップ
するから、もう何本もリピートしているとのコト。
確かに、彼女の唇は、年齢重ねても、ボリューミー


そして、ドット巾着の中身...
なんと、ひっくり返すとパフになる、という物でした




ポーチに入れてみると、まだこんな余裕があります。

ファンデーションがすぐ落ちる、といってんだから、
脂とり紙を是非





人物 | - | -

コピーライト