永富千晴

永富千晴/美容ジャーナリスト
女性誌の美容担当編集の経験を経て、ビューティコンサルティング事務所、(有)Jビューローを設立。2003年には、美容ジャーナリスト初の美容コミュニティサロン「club C.」をオープン。 現在は、各女性誌、インターネットなどで連載、プランニングのほか、イベント、ラジオなど多方面で、美容コメンテーターとしても活躍。

Search this site :
1月末上陸!「ヴィアローム」
ラブリーなお顔立ちだったら

こんなお洋服、春先にいかがでしょう?


 
↑ 「オペーク」の春の展示会にて



↑ 2009年は風水的にもライトグリーンはよいらしい。


13000円〜18000円ぐらいの

めっちゃかわいいボトムスなども多くありました。


コスメブースで


ハマってしまったのが

こちら。




↑ フランス医学アカデミーも認めた温泉水を配合した「ガマルド」
(2009年2月中旬 発売開始!)

写真左から、
呼び水ともなる、温泉水のスプレー「オードガマルド」 ¥2940
化粧水「ローション ドゥスール」 ¥5250
SPF30のUVクリーム「ガマルド ソレール」¥6615


フランス南西部、16世紀頃から利用されている”ガマルド レ バン”が水源で
ほかにも、アルガンオイルなどを配合しているそうです。

また、フランスの有機認証機関ecocert認定のcosmebioの通常レベルより
さらに進んだ、「100%COSMEBIO」 を受けているのも特徴。


ボディケアアイテムもあります。

 
↑ この組み合わせも、見逃せないっ。「スプレー×ボディオイル」
ボディケアにどうぞ!

香りだちが、柔らかくって、透明感があり
肌あたりもとっても滑らかです。


....................................................................................................

お次にご紹介したいのが


南仏のプロヴァンス地方から上陸した「ヴィアローム」。

シゲタのパンチのある香りだちが、苦手、という方

個性の違いにも、驚くはず。

「ヴィアローム」は、自然療法士でもあり、

あの「シゲタ」の師でもある

ネリー・グロジャン博士がプロデュースしているブランドなんですって。



中でも、ぜーーーったい、買う、と思ったのが


↑ ブランドオイル「アロマティック フリクションオイル」

肌に直接すりこむ精油なのだけど、

「HAR」(ハーモニー)を手首に塗っていただいたら

頭がぼーっとしてきてしまい
(お風呂に入った後のけだるさ、というか・・・)


その後、

「109」(肩の凝りや頭の重さなどを緩和するブレンド)

をこめかみや、首筋に塗ったら

肺から鼻にかけて

すごく呼吸が楽になり

立っているのが、面倒になってしまったくらい

速攻性がすごかった。



↑ 小さいけれど、その瓶の中に、秘めた魔力が詰まってます。


お腹がすいていたこともあり

効き過ぎちゃったのかなぁ。


それにしても、

すごかった・・・














ナチュラルコスメ | - | -

コピーライト