永富千晴

永富千晴/美容ジャーナリスト
女性誌の美容担当編集の経験を経て、ビューティコンサルティング事務所、(有)Jビューローを設立。2003年には、美容ジャーナリスト初の美容コミュニティサロン「club C.」をオープン。 現在は、各女性誌、インターネットなどで連載、プランニングのほか、イベント、ラジオなど多方面で、美容コメンテーターとしても活躍。

Search this site :
ソフランよ、いつのまに!!?
 

レストランにでてくるおしぼりの匂いや風合いって、
お店の個性がでませんか?

先日、伺った赤坂の某有名お寿司屋さんのおしぼりが
久々の大ヒット!!

どの柔軟剤使っているんでしょうか?
と恐る恐る伺ってみたところ

「ソフラン」でした。

ここのところ、柔軟剤は「ダウニー」に絞っていたので
ソフランは、ノーチェック。しまった〜。

なんと、現在、6種類ぐらいのソフランがあり
(しかもランクがある)
店頭でどれのこと〜??? っと悩んだ挙げ句
写真のタイプから、トライすることにしたの。

酸化しない、香りのテスターがあればいいのにね。

で、何度か試した感じ、多分、これではないか、と。

しかし、乾かしたときの香りだちが
お寿司屋さんのようにはいかないだよな〜。

もっとも、おしぼりとバスタオルでは、
形状も温度も異なるから、香りだちが違って当たり前だけど..ね。

柔らかい香りの癒し系をお探しの方
ちょっと試してみて!!










生活 | - | -
洗剤
 

汐留にある資生堂さんに打ち合わせに行ったら、
「汐博」をちょうどやっていた。
平日はさすがにすいてますね〜。


この日、普段を汚名をはらそうと、
時間に余裕を見て、講談社に向かったのだけど
打ち合わせ場所は、資生堂本社、ということが
護国寺についてからわかり、たらり。

なんでいつもこうなんでしょう....。



「I 'll Give you some sparkle!」

この洗剤のメッセージと、コップを洗うスポンジ君に
癒されながら
一日の失態を洗い流す夜であった....。


JUGEMテーマ:仕事のこと







生活 | - | -
シャンデリアの最近の事情
 

インテリアの話をマミ・レヴィ先生に伺っていたら

”ヤマギワ電気お茶の水店も8月一杯でとうとう閉店になるのよ〜。いまセール中なのよね。”

と教えてくださったので、わざわざお茶の水まで行ってみました。



シャンデリアを探していたわけなんだけど

最近のフランス物のシャンデリアは、「中央に柱がないもの」が主流だそうです。

理由は、フランス人は壁紙も色や柄物を使うので

柱があるとそれが見えにくくなって邪魔だから、とのこと。

そんなに柱って邪魔になるのかなぁ?



9月8日〜フランスに行くので
現地の人に聞いてみよーっと。


ビヨンドビューティーという展示会見に行ってきます。





生活 | - | -
本年度もよろしくお願いいたします
 こんにちは!!

って...いま夜中の3時です。

2010年になりまして、一発目のブログ更新

こんな時間に申し訳ありません。


社会人になってから、初の10日間を超える休みを年末年始にとらせていただきました。



そして、向かった先はこちら!


スペインのグランカナリアです。



バルセロナは寒かったのですが、
グランカナリアは、熱くもなく、寒くもなく、
14時ぐらいだと、プールに入れるくらい。

とはいえ、水からでた後は、多少鳥肌たちます。

こちらの諸島は「ヨーロッパのハワイ」といわれているのですが、
確かに、そういった寒い冬から、過ごしやすい気候を求め
ヨーロッパ諸国の方々がたっくさんいらっしゃいました。


ハッピーニューイヤー♪ のときは
ビーチ沿いに宿泊客が大勢集まり
まるでリオのカーニバルのようなパレードまで。
花火がボンボン上がり、TV中継まで入り
みなさん陽気にダンシング♪
という感じ。

あたしも、気づいたら、どちらの国の方だかわからない男性と
踊ってました。

ま、お正月ですから無礼講、ってことで。

で、

最大の目的は?というと

こちら!


タラソテラピーセンターにいりびたること。

療養にいらっしゃる方も多い、ということだったので

”日本のタラソとどう違うんだろう?”

ということを味わいたかったのです。

疲れがどーーーーーっ、とでましたね。

その後に、おいしいスペインワインを飲んで.....

こんなイベリコ豚を食べて.....

なんて、していたら

21時か22時には、こてっ、と記憶がなくなる日々でした。

イベリコ豚も最高においしいのですが、

つけ合わせのナッツとオリーブオイルも最高!

街の案内をお願いした地元の運転手さんに

「こんなナッツはじめてだ〜!!」

と、絶賛していたら


「これが、ナッツだよ」
(正しくは、豚に食べさせるナッツみたいんだけど)

といって、そのへんにある木から
上記の実を拾ったり、とったりして
道ばたで、この実を石でカチカチとわってくれて
食べさせてくれました。

なんかですね

洋酒につけたような香りがナッツにするんです。

その辺にある、というのが

すごいでしょ?

東京では考えられませんね。


こんな人が切れそうなアロエも
生えてます。
(これもテキーラの原料にするみたいです)

テキーラの原料になるサボテンもそこらじゅうに。

英語が話せないのに、4時間半もその運転手さんといたので
日本人として恥ずかしくないように!!と、懸命に振るまいすぎて
その日は、タラソ以上に、疲れがどーっ、とでました。


やっぱり旅はいいですね♪

しかし

スペイン人の方、というのは
若者もおじさまも、かっこいい人が多すぎる!!

ペネロペさんのような女の子が一杯いすぎて
目移りしたらどうしよう〜

と思っていたら

男性がかっこよすぎて女性の記憶がまるでない。

また行くでしょう!スペイン!


新年早々

なんなんでしょうね。すみません〜


本年度もどうぞ、よろしくお願いいたします!










生活 | - | -
ダウニー熱
「 香りのある生活」が、ごくごくフツー。


以前は、こだわりのある人は、リネン用のスプレーなどを

わざわざプロバンス仕立てのものとか買っていたのに

いまは、「ダウニー」の勢いがすごいし

ダウニーの男子支持率の高さには

正直驚きであります。


↑ .....って、自分だって しこたま......


ダウニーの香りで育ってきている男性、というのは

残念ながら、

”モロ香水です”

という香りがNGということが多いので

香水好きには、つまんなーーーい という感じではないかな、と。





↑ モロ香水だっていいじゃないかー!!ぶぅぶぅ。
あの名香クリスタルだって、相当軽くなってるのに。



香りも草食化に、合わせるの?


いやだーーーーー













生活 | - | -

コピーライト